マグネシウム合金、プラスチックの部品加工事業

金属・機械加工

画像ギャラリー

詳細情報

どのような技術か?

マグネシウム合金の射出成形

1998年にマグネシウム合金の射出成形においてチクソモールディング法による生産体制を確立し、モバイル、カメラなどの精密マグネシウム部品を生産しています。金型製作から塗装までの一貫生産体制を実現しています。また、2011年にはタイのコラート工場において、自社工場内での一貫生産体制を構築しています。

プラスチックの射出成形

プラスチックの射出成形では、操業当時から技術革新を重ねてきました。特に大型プラスチック成形においては、トップクラスの技術と設備導入を実現してきました。1987年にはタイへ進出し、グローバルな生産体制を構築し、金型製作も含めて対応できる総合商社的な成形メーカーです。

強み、競合優位性は何か?

金型設計から二次加工まで対応していますので、部品調達は一括して対応可能です。

また、タイでも同じ製品が供給できる体制を構築し、グローバルで調達可能です。

どのように活用されているか?

  • カメラ部品
  • AV部品
  • 浄化槽用部品
  • 精密部品

ユーザー

0 フォロワー
0 フォロー中

関連情報

  • 事業所 大阪府羽曳野市誉田7-720
  • Japan
  • 地域 Ōsaka Prefecture