拡大表示

高岡銅器『五重の塔 80号青銅石垣台付』

ホーム・ガーデン

詳細情報

五重の塔 80号青銅石垣台付


商品コード 010701

サイズ 高さ250cm

付属品 -

作品の詳細 般若純一郎作。高岡銅器の庭置物。ブロンズ特有の風合いが四季の庭園に静かに溶け込みます。

作品名 五重の塔 80号青銅石垣台付

作者 般若純一郎

材質 銅製

画像ギャラリー

企業情報

  • 企業名 株式会社竹中銅器
  • 代表者名 竹中伸行
  • 日本
  • 本社所在地 富山県高岡市美幸町2丁目1番16号
  • 資本金 1,000万円
  • 従業員数 19名(男12名、女7名)※平成31年2月1日現在
  • 対応可能範囲

製品情報

高岡銅器『五重の塔 80号青銅石垣台付』
参考上代 : 6,270,000円(税込)
  • 品番 56-18

ユーザー

株式会社竹中銅器

今から400余年前、二代目加賀藩主、前田利長公が高岡城築城に際し、城下の繁栄をはかる産業政策の一環として、金屋町に鋳物工場を開設した事から興った高岡銅器の歴史。脈々と受け継がれていく高岡銅器の歴史の潮流の中で、株式会社竹中製作所は、昭和2年、銅器加工店として高岡市宮川町で産声をあげています。竹中製作所の前身である加工店は、昭和初期という時代に即した商品を創り出し、順調に企業規模を拡大し、昭和20年には、現在の社名である竹中製作所に名称変更し、非鉄金属部(現在の金属部)、アルミ建材部(現在の建材部)など事業を拡大しています。2007年には創業80年を迎えたことを機に、伝統を継承しつつも、新しい創造の可能性を見出すため、竹中製作所から事業譲渡を受け、銅器部門を分社化し、株式会社竹中銅器として新たなスタートを切りました。株式会社竹中銅器は、高岡銅器業界を牽引する一企業として、また、伝統工芸・高岡銅器を継承し、次世代につなげていく役割を担いながら、新たな創造を現実にクリエイトする夢創造企業としてさらに発展を続けます。

0 フォロワー

関連情報

  • 製造国
    日本